ゲイルコアの開発
   ロト6大攻略トップ >  攻略ソフト > ゲイルコアの開発

 ■ ゲイルコアの開発
攻略ソフトの心臓部の設計作業に入ります。

世の中に存在する、統計解析やデータの分析方法を組み合わせたところで、
数学の素人でしかない管理人の頭脳では、高額当選は絶対に無理でしょう…。

そこで、世間で最も評価されているであろう、ゲイル理論に注目します。

既に、検証記事にある通り、予想数字の算出式に、全く効果はありませんが、
出目のトレンドは、現在でも変わっていません。

この点に注目して、出目のトレンドに従って、素直に数字を選ぶという方式を
予想数字のひとつの選び方として、考えてみます。

攻略ソフトの心臓部となる、記念すべき最初の予想エンジンのコードネームは、
「ゲイルコア」です。

この理論を純粋に追いかけて、経過を見ていくことにします。

まず最初に、ゲイル理論から見た、出目トレンドの最新状態を
常に把握する必要があります。

つまり、ホットとコールドの最新状態を、いつでも計算できる機能が必要不可欠です。

「Lesson3 億が目前の・・・」の章、39 〜 42ページの4行目までにある、
「飛び期間の探し方」に、計算方法が書いてあります。
この内容に従って、プログラミングします。

仕様としては、過去の当選番号のデータベースを読み込んで、
ホットとコールドの最新状態を計算して、結果を出力します。

ゲイル理論 for ロト6

上記画面の左側の計算ボタンを押すと計算を行います。

右側の表示ボタンを押すと、計算結果を下記の通り、Excelで表示します。
ゲイル理論 for ロト6

とりあえず、基本を抑えることができました。
大当り